コトブキインサイドプロジェクトとは・・・

ファッションデザイナー矢内原充志(ヤナイハラミツシ)が、日本3大のドヤ街のひとつである横浜の寿町(ことぶきちょう)を歩きながら人々と対話し、それぞれの人にマッチした服を自作し、着てもらいポートレイトにおさめていくアートワーク。そこに暮らす人々や活動する人々の多様性に着目し、だれもが等しく内包している創造性をファッションというツールで視覚化することを目的としている。